マンハッタンで見つけた キヅキ・ギモン 世界と共有したい。 日本人て何だっけ?を一緒に考えよう!

2010年3月27日土曜日

日本人としてのマナー

前回の続きから始めたいと思います。


そうなんです。韓国の生徒、そのような歴史的事実があるにも関わらず、意外に私たちに好感を抱いてくれている人たちが多いんです。

それは彼らが「むかし」と「いま」の線をしっかり理解しているからだと思います。

彼らの自国の歴史に関する教育はどの生徒と話してもしっかりしている印象を受けました。事件の年号や被害者の数までしっかり覚えている学生も多く驚きました。
彼らは自分たちの事を良く理解しているのです。私たちの祖先が彼らの国・祖先に何をしたのかも良く理解しています。これは中国の学生にも共通して言えることです。
それなら私たちに憤り・対抗意識持っているのも納得できないでしょうか?


私たちが彼らに犯した事は規模の大小はあるにしろ事実なのですから。それが私たちには何の関係もない祖先の方によって犯されたことであっても、私たちには彼らの血が流れ、彼らと同じ地を踏んで生きているのです。「いま」と「むかし」。切っても切れない因果関係によって結ばれています。「むかし」があるから「いま」がある。点ではなくて線で描かれています。決して切られることがない線で。


でもこの線、切ることはできないんだけど、どんな形にもなる。どんなことも描くことができる。たくさんの線と絡み合いながら。

私たちの「むかし」の線は尖っていて、触ると痛い。絡まると怪我をする。でも「いま」の線の形は柔らかくて、優しくて。他の線ともなめらかに絡み合う。

韓国の人はこのなめらかさが故に好感を持ってくれているのだと思う。
「いま」の私たち。それを形成しているのはまぎれもなく私たち自身。私たちの文化。
私たち自身は文化を体現している媒体のひとつ。線の一部。

線の一部なのに、今までの自分はどんな形をしていて、どういった線と触れ合ってきたのか、それを知らないことは許されない。


だから知って欲しい。自分たちの「むかし」を。それが日本という線の一部になる義務だから。他の線と絡み合うマナーだから。
ようやく義務教育の意味がわかった気がした。


上手く伝わったかな。


____________________________________________________________________________________________________________

4 件のコメント:

  1. お久しぶりー帝人、グループディスカッションで落とされた泣
    まだ少ししか読んでないけど、「義務教育」にヒットしたのでコメントさせてもらいます。

    義務教育において「国家」がモロに出てくるのは国語、歴史、地理。戦後の日本もこの3教科が真っ先に検閲→黒塗りされたことからも分かると思う。
    その理由は、歴史に関して言えば、かくの表現を使うと、過去と今をつなぐ線を、どうとでもつなげられるから。戦前の日本の日本史なんて、天皇の歴史をつづったもので、さらに忠実な臣下を登場させるために南北朝時代のあたりなんて、かなりむちゃくちゃなことしてたそうで。

    韓国や中国の人たちが「歴史」をきちんと勉強しているから日本に大して反日感情を抱くという考え方は、とても納得できました。ただ彼らが学んでいる「歴史」がどういう「歴史」なのかは考慮しないといけないんだと思う。


    後、日韓関係について、日韓ワールドカップのころのドラマに出てたせりふを、今でも良く覚えています。参考までに載せときます。
    日本人(草薙剛だったかな?)と韓国人の親友が大喧嘩したシーンで。
    日「韓国は好きだ!だけど韓国人は嫌いだ!」
    韓「日本は嫌いだ!だけど日本人は好きだ!」
    個人的にはすごい納得しています。

    ブログ自転車ネタばかりだけど、良かったらリンクお願いします。こっちもリンクさせてもらうねー

    返信削除
  2. きのしたじゅんや

    お久しぶり
    成人式以来、覚えてますか?
    俺の中では「かくさん」のイメージが抜けないからすごく不思議だ

    外国人だけでなくて日本人の中ですら差別がある
    部落差別、障がい者、セクシュアルマイノリティ、等

    それらマイノリティは一部のくだらないマジョリティから「あいつらよりマシだ」って差別されてる
    明治時代に四民平等という名のもとに、農民の下に不可触民層を作らせることでプライドを保たせたように

    今日本て一億層中流から「勝ち組負け組」になってきている
    派遣労働者などはかつての不可触民の位置づけ
    ブラック企業だとかってされている会社の正社員は、「派遣労働者よりマシ」って思って生きている

    いろんな「怒り」がため込まれてきた
    変なことを発言したくないから学校の先生にあてられてもだんまり
    だんまりでため込んで、耐えきれなくなって吐き出た憎悪を手っ取り早く見ることができるのは2チャンネルであったり学校掲示板であったり
    不毛

    そしてその怒りはどこから来たのかってことを知るには、過去に何があったのかを知ることが大事
    それは歴史
    世界史でもいい、自分だけの個人の歴史でもいい


    怒りを吐き出すのに一番合理的なのは俺にとっては芸術だと思う
    自分の怒りが、受け取り手にHAPPYをもたらすんだから


    フォローしまっす

    返信削除
  3. 【ちゃり】
    まじ!?でもちゃりならもっといいとこあるよ。
    >彼らが学んでいる「歴史」がどういう「歴史」なのかは考慮しないといけないんだと思う。
    これは納得できる。やっぱりどの国の教育も自分の国を良く見せようとすると思う。被害者の数とかを実際に日本と他国の教科書とかで比べてみると面白いかも。実際にwikipediaも日本語と英語によって記載のされ方も違っている。

    >日「韓国は好きだ!だけど韓国人は嫌いだ!」
    >韓「日本は嫌いだ!だけど日本人は好きだ!」
    これもすごい納得!!
    これっておれが言いたかったことがすごい伝わるフレーズだと思う!!
    共有ありがとうちゃり。
    またよろしく。
    そして就活、自転車がんばれ。
    ちゃりの自転車サイトURL教えて。

    返信削除
  4. 【きのじゅん】
    いやおれもきのじゅんのイメージがまだそのまま。
    のーぺり、ゆっくりした感じ。

    きのじゅんの芸術へのアプローチ素晴らしいと思う。
    >自分の怒りが、受け取り手にHAPPYをもたらすんだから。
    こんな発想今までおれの中になかった。
    ありがとうきのじゅん。このブログを作ってまた一つよかったなて思えたよ。

    自分だけの怒りじゃなくて、世界中の怒りもHAPPYにしてくれ!!!
    気をつけていってきなよ!

    返信削除